アンチトロンビンⅢ欠乏症の妊婦日記ーaotan2017’s blog

ATⅢ欠乏症の妊婦が、病気や制度について学んだ記録。

今後の治療方針

今日 お医者様から今後の治療方針のお話がありました。(ちょうどよく主人も一緒にお話を聞けて良かった!)

 

今回の左下肢深部静脈血栓症はやはり、元々のATⅢ欠乏症と妊娠、両方によるものであろうと考えられる。

血栓が器質化(体の一部になり飛ばなくなること)すれば退院に向けてヘパリンの皮下注射に切り替える

血栓を溶かす治療では28000単位のヘパリンを24時間入れているが、皮下注射は治療ではなく予防なので単位は10000、20000単位で入れる。効力は12時間。これで効かなければ分娩まで入院。血栓が新たにでき危険な状態になればワーファリンの服用も考えられる。(16週以降)ただワーファリン使用の場合、まれに奇形等のリスクがある。母体が危険だと判断した場合は22週以前であれば人工中絶も選択肢の1つである。

ヘパリン皮下注射がうまくいけば退院。退院後は通院により時々ATⅢ血液製剤ノンスロンを入れる。分娩の1週間まえに入院。

 

…………………。

お医者様は最悪の場合の話もしなきゃいけないから仕方ないのだけど、やっぱりうまくいかなかったらどうしようと…思ってしまう…。

 

実を言うと昨日38.8度の高熱が出て(細菌感染が疑われたけど検査結果に出ず、昔からこういう突発熱は年に数回出すことあるのでそれかもしれない) 辛すぎて死ぬかと思ったんですよね…病院だからすぐに対処してもらえたけど、体力も弱まってるところで、赤ちゃん大丈夫かなって、そればかり心配で、自分の虚弱な体を呪いましたよね…さすがに。今日も今日とてぐったりで、ご飯が全く喉を通らない。(チョコマシュマロは4つ通った)

せっかく大好きな人と結婚できたのに幸せを噛み締める間も無く試練を与えるなんて、どんだけ意地悪なのだ運命は!どんだけ前世で悪事を働いたんだおいらは!

この体で生まれて来たこと自体には何も意味はないと思う。でもそこに意味を見出さなければ、私が人として生まれて来たのに勿体無いと思うので、前向きな意味を探そうと思う…。

 

お部屋に戻ったら、能天気な主人は途中から私のベッド半分を占領、ゴロンとして、すぐにいびきをかきだして笑った。(大部屋だっちゅうねん) 私のために市役所行ったりお買い物したり、あちこち奔走して疲れたんだなぁ。

まぁ、なるようにしかならないから、穏やかな気持ちで参りたいと思います。