アンチトロンビンⅢ欠乏症の妊婦日記ーaotan2017’s blog

ATⅢ欠乏症の妊婦が、病気や制度について学んだ記録。

治療進展

昨日の夜消灯前に先生が急いできてくださって、

 

「循環器の先生と相談した結果、血栓は器質化という診断になりました。今後はヘパリンの皮下注射に切り替えていきましょう。」

 

と仰ってくださいました。

 

神よォォオオ〜〜〜〜!!!!!

 

第一段階クリア、と言ったところでしょうか。

 

皮下注射は血栓治療ではなく、血栓予防の為の注射なので、現在投与しているヘパリン量の半分以下になります。これで次々に血栓ができてしまう場合には退院はできません。現在と同じ24時間点滴です。

この皮下注射切り替えの際に血栓ができ心肺に飛んでしまったとき、またその恐れが極めて高い場合には胎児に影響のあるような治療をしなければいけないというリスクもあります。

 

まだまだ怖いことがないわけではないですが、早く主人のところに帰りたいので、前向きに頑張ります。

 

うまくいけばあと1〜2週間以内には退院??かなぁ??

難病申請の書類が届かないなぁ…あの子…何してんのかなぁ…。保健所の子、私の指定難病ナンバー見つけられないし、トロイわ…。

限度額申請書類は昨日出したから退院に合わせて届くことを期待!!