アンチトロンビンⅢ欠乏症の妻の日記ーaotan2017’s blog

ATⅢ欠乏症の、いち妻の記録。間違ってるところ、言葉足らずなところ、ご指摘いただけたら幸いです。

経過多分良好

妊娠後期に突入してから自宅で自己注射していたものの(5000単位を朝晩一回ずつ)、毎週の血液検査でDダイマー(血栓の数値)が少しずつ上がっていってたんですよね。本当にちょっとずつですけど。

 

妊婦の体は出産に備えて血を固まりやすくするの、普通にすごいなーと感心してしまいました。私の場合は持病のせいもあるけれど。

 

予定日よりもだいぶ早めの35週で入院。

1週間くらいでノンスロン(血液製剤)とヘパリンの調整ができてサラサラになりました。8週〜16週くらいまでいたときのヘパリンのMAXの値は28000単位でしたが、今回は30000単位。割と多い方だとお医者様は仰ってましたが、全然鼻血とかもでないから(以前は出てた)、妊婦すげーな…と。

 

そして分娩日が決まりました。

12-13日です。

とってもドッキドキです。ただ考えても仕方ないので考えないようにしています。痛いのはもう仕方ない。みんな血を流してるし…。

 

ただ不安なのと、主人と離れてるので、メンタル崩壊は入院10日目にきましたね…。号泣。

youtubeでモノマネを観て回復しました。

中川家礼二くんと神奈月さんがこの世に居てくれて本当に良かったです。