アンチトロンビンⅢ欠乏症の妻の日記ーaotan2017’s blog

ATⅢ欠乏症の、いち妻の記録。間違ってるところ、言葉足らずなところ、ご指摘いただけたら幸いです。

出産当日

続く続く詐欺をしてしまいました。

申し訳ありません。

産後うつも抜け出せそうな感じなところ、主人と大喧嘩しまして(笑)いやー、妊娠出産終わったらハッピータイム訪れるかと思いきや、結婚というのは色々ありますな!!(笑)

育児に慣れてきた最近は、話の通じない大人の相手(主人、実母)の方が厄介だと気付いた次第。

 

さてさて、そんなことはどうでもいいんです。

また嬉しいコメントいただきました。本当にありがとうございます。

 

では5カ月になった、息子が出てきた日のお話をさせていただきます。

 

前日既に真っ白な灰になった私、寝たら忘れる特殊能力を発揮し、朝はとても爽快な気分でした。

 

よしやるぞ!!と浣腸を受け入れ(笑)

朝食抜き、ポカリ3本携えて9時から陣痛室で誘発剤を投与しました。

30分置き?1時間置き?時間の間隔は忘れてしまいましたが、時間を置いて誘発剤を足していきます。

 

鈍い生理痛のような感じが確かに間隔を置いて起きるのですが、多分私は痛みに強いのもあって、あんまりよくわかっていませんでした^^;

看護師さんがモニター見ながら、「アレ?今来たでしょ??」「さぁ…?^^;」というような感じが午前中いっぱい続きました。(あとから聞いたら実際陣痛が弱かったよう)

先生が子宮口の確認で手を突っ込んでくるほうが(うへえええ…!!)と毎回気持ち悪かったです。しかし恥ずかしいという気持ちはこの時点で皆無です。慣れって怖い。

 

「初めてのお産なのに落ち着いてる」と褒め上手な助産師さんや看護師さんにのせられて(のちにこんなもんじゃないことを知る)、談笑しながら陣痛が強くなるのを待ちました。

9時から陣痛室に入って、11時前には分娩台に移りました。ここまで自分で歩けます。

12時を過ぎたあたりから、(お!?^^;やべえぞ??)という痛みに変わってきました。

 

そこからは時間が立つのはものすごく早かった!!

時間的には16時半くらいまでかかったのですが、4時間なんてあっという間。

感覚としては、100mダッシュを1時間に何本もしてる感じ、背後ろから貞子が高速で追いかけてくるような恐怖感がありました。

 

ウッヒョーーーー!!(陣痛)ゼエゼエ…(休憩)

ウッヒョーーーー!!(陣痛)ゼエゼエ…(休憩)

の繰り返しです。考えてる隙がない。とにかく言われるがままに息する!!という感じでした。

 

陣痛も痛いのは痛いんですが、私は呼吸が辛かったです。うまくできず手足が痺れて過換気になってしまい、ビニール袋を口に被せながら、休憩のたびに「次…ゼエ…死にます…お家に帰りたい…ゼエゼエ…もういや…辛い…ゼエ…帰る…帰る…」と言ってお医者さん困らせました。(午前中調子こきすぎた)

 

ちなみにこの日の分娩は私だけで、VIP待遇、助産師さん2人ついただけでなく、入れ替わり立ち代わり産科の皆様が応援に来てくださって、のべ人数2、30人くらいに股を覗かれましたね…もう何も怖くない(遠い目)

 

終盤、会陰切開は本当に痛みはわかりません。

(分娩後、縫ってるときのが痛い)

ただ、いきんだときに浣腸で出し切れなかったアイツが出てきたのはわかりました。(大小出ました)

いきむたびに出るものだから(便秘症だからかな…ハハ…)、先生の誰かにお尻の穴を指で塞がれました(笑)

 

そして最後いきんだ瞬間は、まさにダム決壊!!!!!!!!!陣痛が弱かったせいらしいんですが、すっごい血が出たんですね。ブファ!!って。お医者さんに返り血がかかったくらい。1250mlです。普通の出産は多くても500mlくらいだそうですが、ちょっと出過ぎました。(このせいで産後に浮腫と貧血が酷かったです)

1250ml、普通の人だと命の危険があるくらいの量だそうなんですが、妊婦さんは持ち堪えるんだそうです。不思議。

でも全然大丈夫なんかじゃなかったですけどね!!産んだ興奮でテンション高くなってましたが、元気なのは頭と口だけで、自分では腕動かすのもできないくらいにベッドに体が沈んで起き上がれませんでした。

 

赤ん坊は何にも問題なく、2時間分娩台の上で仲良く過ごし(産後の様子見)、私はその後速攻でストレッチャーにのせられて血管の造影検査です。妊娠中調べられなかった、全身の血栓の有無をCTでみます。(幸いなことに新たな血栓は見つからなかった)

 

病室に帰る途中、待合室で待つ主人を発見、私の第一声は、

 

「ご飯買ってきて!!!!!」

 

主人は「えええええ…第一声がそれえええ…??」と。

時間的に夕食は下げられちゃったんですね…。とにかく腹減って腹減って、出した分取り戻そうと体が欲していました。

起き上がれなかったけど、口と胃は相当元気でしたね。

 

主人が頑張ったご褒美に、大好きなケーキ屋さんでお菓子いっぱい買っておいてくれました。

達成感と誇らしい気持ちと、ものっそい疲労で食べてすぐ泥のように眠りました。

 

個人的には色々ありましたが、7時間強、誘発で普通に産みました。順調なお産だったのではないでしょうか。産科の皆さんの手厚いケアもありましたし、なんだかわからないながら進みましたが達成感がありました。33時間かけて産んだ友人もいますから、ほんとお産というのはわかりません。アクシデントや辛さ、痛みの程度はそれぞれですから時間でもないと思いますが、あれがもっと長かったらと思うとゾッとします…。

 

ちなみに。

 

よく「女じゃなきゃ耐えられない痛み」だと言いますが、誰が言い出したんだろうと思います。少なくとも私が感じた痛みは、男性でも十分に耐えうる痛みだったと思います。子宮を睾丸に置き換えて考えていただければいいかと…(それだとどうやって産むのかな…)。

ただ体への負担は半端ないです。いろんな産婦さん見ていると、帝王切開も普通分娩も関係なく、どちらもそれぞれに辛さがあることがわかります。

完全に妊娠前の状態に戻るまでに(体型がじゃありません、体の仕組みがです。体型は10万以上課金しないと無理。あとは体質による。) 6ヶ月と言われています。そのダメージは交通事故にあったようなものだと聞きます。ご家族の皆さん、産婦さんのお身体を労ってあげてくださいね。妊婦さん、産婦さんになっても無理しちゃダメですよ。